スポンサードリンク

スギナ茶

スギナ茶が腰痛の改善に効果があるようです。スギナ(杉菜)はトクサ科の多年生シダ類で、緑色の茎葉(栄養茎)です。北半球の暖帯から寒帯にかけて広く分布していて、日本でも九州から北海道の空き地や堤、農道などいたるところに自生しており、春先に根茎の節の所々から出るのがつくし(土筆。胞子茎という)です。



つくし(土筆。胞子茎)が枯れた後に伸びる光合成を行う栄養茎の節々から多数の枝が輪生する5〜6月以降に緑色の地上部全体を採集し、天日でよく乾燥してスギナ茶として用います。



スギナに豊富に含まれる珪素に消炎、鎮痛作用があることから腰痛の改善に効果があるとされています。珪素は、ヒトではケイ酸として、皮膚・軟骨・骨に存在しています。



スギナは珪素以外にもミネラルを豊富に含むことが知られていて、ミネラルが豊富な野菜の代表とされるほうれんそうと比較するとリン、カリウムは5倍、カルシウムは155倍、マグネシウムは3倍などといわれています。



スギナには、ほかにも葉緑素、エキセトニン(サポニンの一種)、ガルテオリン、ベータ・シトステロール、マグネシウム、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、鉄(ミネラル)、亜鉛(ミネラル)、マンガン(ミネラル)、銅(ミネラル)、その他のサポニン類をふくんでいます。



スギナは、これらを含むことで、腰痛以外にも、利尿効果、デトックス効果、鎮咳作用、結石・腎臓病の予防、腎機能の促進、潰瘍・がんの予防、自律神経失調症・むくみ解消、咳止め、アトピー改善、糖尿病の予防、肝臓病・高血圧の予防(血圧低下作用)、老化防止、抜け毛予防、健康な爪を得るなどの効果・効能があるといわれています。

スギナ 最新一覧 By 楽天


アシュワガンダ / ニラ / 栗と腰痛 / どくだみ風呂 / ニンニク / アマチャヅル / 高麗人参 / よもぎ / 杜仲茶 / スギナ茶 / 枇杷 / キャッツクロー / デビルズクロー / エゾウコギ
| スギナ茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク



松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム
腰痛改善ストレッチ「福辻式」(代引き)
【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。