スポンサードリンク

枇杷

枇杷が腰痛改善に効果があるようです。枇杷(びわ)とは、英語表記ではLoquatあるいは、Japanese medlars、学名をEriobotrya japonica (THUNB.)LINDL.とする、ばら科、ビワ属の常緑高木で、中国中南部原産といわれ、日本では、関東以西に分布しています。



枇杷の葉と種子には、青酸配糖体アミグダリン(amygdalin)が含まれています。例えば、葉を腰痛部位に温冷湿布すると、このアミグダリンが浸透して、腰痛を緩和してくれるといわれています。



アミグダリン(amygdalin)は、ビタミンB17とも呼ばれていて、肝臓や腎臓の調子を整え、解毒促進、体の自然治癒力を復活させる効果があり血液を正常な弱アルカリ性にし、様々な炎症を鎮める作用があるとされています。



アミグダリンは、抗がん作用もあるといわれています。アミグダリンが、がん細胞に出会うと活発に分解して青酸とベンツアルデヒドになることで、がん細胞を全滅させ、がん細胞以外の正常な細胞に対しては、コーダネーゼという保護酵素が両物質を中和して、人体に無害で有益な物質に変え、しかも強力な鎮痛作用があるとされています。



枇杷の葉にはほかにも、トリテルペノイドのウルソール酸(urusolic acid)、オレアノール酸(oleanolic acid)、精油成分のネロリドール(nerolidol)、ファルネソール(farnesol)などの他、酒石酸やリンゴ酸などが含まれています。



枇杷の葉は、枇杷葉(ビワヨウ)とも呼ばれ、枇杷の葉茶や枇杷の葉エキスとして利用さています。枇杷の種子は、枇杷仁(ビワニン)とも呼ばれ、食用にしたり、枇杷酒として利用することで薬効を得ています。



枇杷の効能としては、腰痛の改善以外にも、強壮、疲労回復、食欲増進、下痢止め、湿疹、あせも、咳止め、ぜんそく、健胃、むくみ、利尿、暑気あたり、夏バテ、食中毒の予防、肩こり改善、糖尿病、ダイエット効果、アトピー性皮膚炎の予防、新陳代謝の促進、美肌効果、美容効果、ダイエット効果などが期待されているようです。

枇杷 最新一覧 By 楽天



アシュワガンダ / ニラ / 栗と腰痛 / どくだみ風呂 / ニンニク / アマチャヅル / 高麗人参 / よもぎ / 杜仲茶 / スギナ茶 / 枇杷 / キャッツクロー / デビルズクロー / エゾウコギ
| 枇杷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク



松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム
腰痛改善ストレッチ「福辻式」(代引き)
【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。