スポンサードリンク

杜仲茶

杜仲茶が腰痛の改善に効果があるようです。杜仲(トチュウ)とは、中国原産で、トチュウ目トチュウ科(APG植物分類体系ではガリア目トチュウ科)の落葉高木です。中国からの輸入品が多いですが、国内でも長野県伊那地方や秋田県大仙市旧中仙町で栽培されています。



杜仲の樹皮は、「杜仲」という生薬名を持ち、医薬品として扱われていて、腰痛、足腰の倦怠感解消、頻尿、肝機能・腎機能の強化、高血圧に効果があるとされています。



杜仲の葉には、樹皮と同様イリノイド化合物のゲニポシド酸などを含むことが近年明らかになり、様々な効能が期待されるようになりました。今のところ、葉は効能を謳わない限り食品扱いとなります。



杜仲の葉にはゲニポシド酸以外にも、リグナン化合物の一群としてピノジェノール・ダイグルコサイド、そしてアルカロイド・ディリグナン・ペクチンなどや、鉄分、亜鉛などの微量元素、カリウム・カルシウム・マグネシウム・各種ミネラル成分・ビタミン類を含んでいます。



杜仲茶に含まれるゲニポシド酸などの杜仲配糖体が、副交感神経に働きかけ、動脈や毛細血管の平滑筋を刺激することで血管を拡張し、血行が良くなるので、冷えから来る腰痛、冷え性の解消、関節痛、肩こりにも効果があるとされています。



さらに、血管の柔軟性を保ち、若返らせる効果あることや、血管の拡張作用などにより、末梢血管の血流の抵抗が減って血圧の上昇を抑えることができると考えられています。



杜仲茶の高血圧改善作用には、降圧剤のような副作用がなく、高血圧に伴う頭痛、耳鳴り、めまいなどの改善効果も期待できるようです。



杜仲茶に含まれる植物性ミネラルは、血液の中の中性脂肪の濃度を下げ、肝機能を助ける働きなども期待できます。また、水分代謝もよくなるので、尿の回数の増加や、むくみの解消効果を期待できます。



杜仲茶には血糖値の抑制作用もあり、中性脂肪の抑制作用とともに働くことで、脳梗塞や心疾患の予防にもつながるといえます。アディポネクチンの働きを助ける作用があることで内臓脂肪の減少効果など、生活習慣病予防に効果が期待できます。



杜仲茶は、ノンカフェインなので夜寝る前や、カフェインの苦手な方、子供でも手軽に飲むことができる健康茶といえます。

杜仲茶 最新一覧 By 楽天



アシュワガンダ / ニラ / 栗と腰痛 / どくだみ風呂 / ニンニク / アマチャヅル / 高麗人参 / よもぎ / 杜仲茶 / スギナ茶 / 枇杷 / キャッツクロー / デビルズクロー / エゾウコギ
| 杜仲茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク



松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム
腰痛改善ストレッチ「福辻式」(代引き)
【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。