スポンサードリンク

軽部式・慢性腰痛改善の3システム

軽部式・慢性腰痛改善の3システムは、股関節のずれと骨盤の傾きを自分で矯正することで腰痛を改善する方法です。しかも、矯正後は、ずれない股関節と傾かない強い骨盤をつくることで腰痛再発防止法も手に入れることが出来ます。



股関節は、外側から大殿筋・中殿筋・小殿筋という筋肉で覆われています。なかでも、中殿筋・小殿筋は、インナーマッスルとして股関節を支える大切な筋肉です。



これらインナーマッスルが弱ると股関節のずれを引き起こすと考えられています。インナーマッスルが弱る原因には様々なことが考えられます。例えば、バリン・ロイシン・イソロイシン(BCAA)などのアミノ酸不足、スポーツや肉体労働による酷使、そして、加齢が考えられます。



また、女性は特に股関節がずれやすい身体の構造を持ち、遺伝的にずれやすい人もあるようです。



したがって、だれにでも股関節がずれるリスクが存在するといえるわけで、それによる腰痛の発症も避けられないといえます。



軽部式・慢性腰痛改善の3システムは、下記の「3つのシステム」で構成されています。


STEP1  「自分チェック法」

(自分で足の長さをチェックして、股関節のずれと骨盤の傾きを知る!)


STEP2 「軽部式・股関節牽引ストレッチ矯正法」

(自分で股関節の矯正を行なって足の長さをそろえ、その後、部屋の中を歩いて傾いた骨盤を修正する!)


STEP3  「骨盤マッチョ法」

(1回わずか2分、1日2〜3回行なって、ずれない股関節と傾かない強い骨盤をつくる再発防止法!)



軽部式・慢性腰痛改善の3システムは、無理な動作を強いられることもなく、安全性の高い矯正法であり、返金制度もあるようですから、腰痛に悩む方にはおススメのシステムといえます。


腰痛改善法 「軽部式・慢性腰痛改善の3システム」



AKA-博田法 / 軽部式・慢性腰痛改善の3システム / ロングブレスと腰痛 / 中川式腰痛治療法 / 腰痛克服バイブル / 腰痛解体新書 / 腰痛解放戦線




スポンサードリンク



松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム
腰痛改善ストレッチ「福辻式」(代引き)
【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。