スポンサードリンク

腹横筋と腰痛

腰痛改善に効果があるひとつに脊柱起立筋などの体幹筋、いわゆるインナーマッスルを鍛えることが上げられています。



体幹筋(musculi trunci)は、広義の骨格筋のうち、体幹に属する多くの筋肉を総称したものです。体幹筋は前体幹筋(腹直筋、腹横筋、腹斜筋、大胸筋など)と後体幹筋(後背筋、脊柱起立筋、僧帽筋)に分けられます。



なかでも、腹横筋を鍛えることで腰痛や肩こり・猫背などの予防・改善となるといわれています。腹横筋は、腹直筋の内側にある筋肉で、腹筋といわれているのは腹直筋のことです。



腹横筋を鍛えるには、外側から見れる腹直筋と異なり、大きな負荷をかけるいわゆる腹筋運動では鍛えることが出来ません。これは、インナーマッスルに共通することです。



腹横筋などのインナーマッスルを鍛えるには小さな力を継続的に加えるのが良いとされています。



そのため、提案されているのが、おへそ引っ込め体操です。これは、おへそを引っ込めたまま、30秒間キープするというもので、いつでもどこでも手軽に出来るエクササイズといえます。



呼吸を止めずに、おへそを引っ込める と、腰骨の左右のでっぱりの内側の部分が、硬くなります。その状態を、30秒間キープ するだけの体操です。



さらに 応用編としては、手とひざを床について、背中が反らないようにして、上記の要領でおへそを引っ込めながら、片手を床と並行に上げて姿勢を保ちます。それができたら、加えてその反対側の足を床と並行にあげ、体の水平を保ちます。



左右それぞれ30秒間づつ行うことで腹横筋を鍛えることが出来、腰痛の改善に効果があると考えられます。



ただし、無理をすると、かえって腰などを痛めることがありますので、十分注意が必要であり、腰痛の原因がほかにある場合には効果が期待できないといえます。

スポンサードリンク



松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム
腰痛改善ストレッチ「福辻式」(代引き)
【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。