スポンサードリンク

栗と腰痛

栗が腰痛の緩和に効果があるといわれています。栗はビタミンB群を含んでいます。例えば、100g中、ビタミンB1は、0.21mg、ビタミンB2は、0.07mg、ビタミンB6は、0.27mg、 葉酸は、74mcg含まれています。



ビタミンB1は、糖質代謝に関与していて、不足すると糖を主要なエネルギー源としている脳や神経系に影響があらわれ、全身のエネルギー不足に加え疲労物質が体内に蓄積されることにより、腰痛の原因となり、疲労倦怠感、肩こり、食欲不振などを引きおこします。



さらに、栗が含む他のビタミンB群(B2、B6、葉酸)も、糖質、たんぱく質、脂質などのエネルギー変換にかかわりが深く、B群が互いに連携して働いています。そのため、一緒に摂取するとエネルギー変換がよりスムーズになり、効果が高まります。



栗は、他にもビタミンC・ビタミンD・でんぷんなどが豊富に含まれています。栗に含まれるビタミンCには、抗ストレス効果、カゼ予防・がん予防・美肌効果といった効能があり、ビタミンDにはカルシウムの吸収促進・疲労回復などの効能があります。



ビタミンCは、熱に弱いのですが、栗に豊富に含まれるデンプンにより守られて、熱を加えても多くのビタミンCが有効性を保っていることが知られています。そして、でんぷんは「スターチ」とも呼ばれる栄養成分であり、人間活動を支える大切なエネルギー源でもあります。



これらのことから、栗は疲労性の腰痛の改善に効果が期待されています。また栗には100gあたり、不溶性食物繊維 6.3 g 、水溶性食物繊維 0.3 g と食物繊維も豊富に含まれ、便秘を改善する作用や、血糖値の上昇を抑え糖尿病を予防する効果があります。さらに、栗の渋皮に含まれるタンニンは、抗がん物質として注目されています。



したがって、栗は、腰痛の改善効果だけでなく、腎臓虚弱の改善、膝を丈夫にし、むくみを取り、胃虚弱による慢性の下痢を改善し、筋肉や骨の痛みをとったり、身体を温める作用があり、血液の循環をよくし、止血作用があり、肌の調子を整える美肌効果や抗がん作用を期待できるといわれています。

栗 最新一覧 By 楽天



アシュワガンダ / ニラ / 栗と腰痛 / どくだみ風呂 / ニンニク / アマチャヅル / 高麗人参 / よもぎ / 杜仲茶 / スギナ茶 / 枇杷 / キャッツクロー / デビルズクロー / エゾウコギ
| 栗と腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク



松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム
腰痛改善ストレッチ「福辻式」(代引き)
【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。