スポンサードリンク

グルコサミン

グルコサミンが、腰痛の予防や改善への効能が期待されています。グルコサミンとは、体内では糖たんぱく質の成分として存在し、軟骨などに多く分布しています。細胞と細胞どうしを結びつける結合組織としてのはたらきがあり、特に膝や腰などの関節部分の細胞の新陳代謝において重要です。



グルコサミン(Glucosamine)は、コラーゲンやヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、などとともに、軟骨や 靭帯・腱、爪、皮膚などを構成する成分として存在し、体内で合成されています。



腰痛の原因のひとつに、脊椎をつないでいる椎間関節の軟骨が消耗して、腰痛を引き起こすことが考えられています。腰痛を引き起こす原因はさまざまですが、椎間関節の軟骨に問題があって発症するタイプを「椎間関節性の腰痛」といいます。



グルコサミンは消耗した軟骨を再生する働きをします。グルコサミンは、人の体内で合成できる成分ですが、残念なことに加齢とともに、徐々にその合成能力は減少していきます。そして、グルコサミンが減少していくと、腰の椎間関節の軟骨がだんだんとすり減っていき、腰痛を引き起こす原因になるといわれています。



そのため、グルコサミンを摂ることで減少したグルコサミンを補うことが出来ると考えられていて、それによって、グルコサミンの減少が原因とされる腰痛や変形性関節症などの関節炎の症状の緩和に効果があると考えられています。



実際に、ヨーロッパや日本で行われた数多くの臨床試験により、グルコサミンには、関節炎や変形性関節症の痛みなどを軽減し、関節の可動性を改善するなどの効果が確認されているようです。これらのことから、グルコサミンは、ヨーロッパやアメリカでは、関節炎や変形性関節症の治療薬として使用されています。



そして、グルコサミンは、同じく、軟骨を構成する成分であるコンドロイチン(Chondroitin)と合わせて摂取することで、より効果的に腰痛や膝の関節痛などの予防や改善への効能が期待されています。



これは、腰痛を感じるときは、ブラジキニン (bradykinin, BK) やヒスタミン (histamine) などの痛み物質が作られることによりますが、それらに対してコンドロイチンが拮抗する形に作用するためと考えられます。



さらに硫黄を含むMSM(Methylsulfonylmethane:メチルサルフォニルメタン)と共に摂るとより効果的といわれています。MSMには、痛みの信号の一部が脳に届くのを遅らせたり、炎症を抑える消炎効果や、血管を拡げて、血流量を増やしたり、筋肉の攣縮を和らげるなどの作用があるとされています。



ただし、グルコサミン等の栄養素は、重篤で慢性的な骨関節炎の痛みの緩和に対しては、その効果がないとされています。つまり、椎間関節性の腰痛にはよく効きますが、椎間板ヘルニアなどによる腰痛には効果が期待できないといえます。



グルコサミンの経口摂取の副作用としては、軽い胃腸症状(鼓腸、ガス、さしこみなど)が報告されているようですが、重篤なものはないようで、安全性の高い成分といえます。しかし、若い人が長期にわたって摂取すると、自然な軟骨再生力が低下する可能性があるので、若年者の摂取は必要が無いと考えられます。



また、グルコサミンを摂取することで血糖値、血圧、血中コレステロール値の上昇などの可能性があるとされているので、糖尿病、高脂血症(脂質異常症)、高血圧の症状のある人の場合、利用するには注意が必要です。

グルコサミン 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム
腰痛改善ストレッチ「福辻式」(代引き)
【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。