スポンサードリンク

ぎっくり腰

ぎっくり腰は、急性の腰痛です。何の前触れも無く突然、腰が強烈な痛みに襲われるのがぎっくり腰です。原因については諸説ありますが、例えば、急性の腰椎捻挫としたり、急性の筋・筋膜性腰痛、腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばん-)などといわれているようです。



それらに対して、ぎっくり腰は、腸肋筋(ちょうろくきん)のずれが原因とする説があります。名古屋の施術院アルバメディカルの清水公彦院長が提唱している説です。腸肋筋は、椎骨と仙骨そして、尾骨によってつくられる骨の柱で体軸となる脊柱を支える脊柱起立筋というインナーマッスル(深層筋)のうち、最も外側に位置する筋肉です。



人は、何らかの動作をするときに、程度の差はあっても腰の回転を伴うことが殆どであり、腰を動かさず、肩だけを動かした場合、上体の肩の回転と腰の回転がうまく連携を取れない瞬間があり、そのために腸肋筋という筋肉がズレて痛みがでるのがぎっくり腰であると説明されています。



ぎっくり腰は、したがって、腸肋筋(ちょうろくきん)のずれを修正することで完治するとし、実際、従来は一週間前後の安静が必要といわれていたぎっくり腰の患者を1日で完治させているようです。

ぎっくり腰 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム
腰痛改善ストレッチ「福辻式」(代引き)
【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。