スポンサードリンク

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)とは、脊柱管が腰の部分でなんらかの原因で狭くなることで、そのなかを通っている馬尾神経や神経根が圧迫されることにより、腰痛や脚のしびれなどのさまざまな症状を訴える状態のことです。



腰部脊柱管の狭窄は、レントゲンや、MRI等の検査で確認することが出来ますが、狭窄状態であっても症状が現れるとは限らないようです。また、生まれつき狭窄状態の人もあることから30歳代でも症状を発現しますが、一般に50歳代以降に症状を発現することが比較的多いのが腰部脊柱管狭窄症の特徴です。



腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状としては、腰痛、下肢痛、間欠跛行(かんけつはこう)があります。間欠跛行とは、歩行などで下肢に負荷をかけると、次第に下肢の疼痛・しびれ・冷えを感じ、立ったり歩いたりするのが困難になるものの、一時休息することにより症状が軽減し、再び歩けるようになる状態のことです。



ちなみに、間欠跛行の原因疾患としては腰部脊柱管狭窄症以外にも、閉塞性動脈硬化症、ビュルガー病などがあります。したがって、腰部脊柱管が狭窄していても、他の疾患が間欠跛行の原因の可能性があるので注意が必要です。



腰部脊柱管狭窄症の治療法は、投薬・各種神経ブロック療法・装具療法・温熱療法や運動療法などの理学療法、そして、外科的手術など多岐にわたっています。そして、早期発見、早期治療が治療結果に好結果をもたらすともいわれています。



腰部脊柱管狭窄症の治療は、したがって、整形外科に限らず、鍼灸(はり・きゅう)やカイロプラクティックなどの代替医療であっても実績のあるところであれば問題は無いといえます。また、1つの病院や治療院に固執するべきでは無く、自分自身が、納得できるところを探すことも大切なことだといえそうです。

腰部脊柱管狭窄症 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム
腰痛改善ストレッチ「福辻式」(代引き)
【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。