スポンサードリンク

AKA-博田法

AKA-博田法による整形外科医の治療が腰痛改善に効果があるようです。AKA-博田法のAKA(エーケーエー)とは、Arthrokinematic Approach(アルスロキネマティックアプローチ:関節運動学的アプローチ)の略で、博田節夫(はかたせつお)先生により開発された治療法です。



AKA-博田法は、当初は動きにくい関節を動かそうとする目的(関節機能障害の治療)で開発された治療法です。1979年に研究が開始されましたが、その過程において関節の動きを治療することにより体の痛みが軽くなることが発見されたものです。



腰痛の原因には、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症が知られています。しかし、AKA-博田法では、仙腸関節を中心とした関節の機能障害が原因の多くを占めると考えられています。



仙腸関節(せんちょうかんせつ)は、腰骨の下にある仙骨と骨盤との関節です。関節といってもその可動範囲は1〜2mmと極わずかです。



AKA-博田法では、この仙腸関節を中心とした関節の機能障害を徒手的(手を使って)に治療します。そのため、かなりの集中力と熟練を要し、誰でもできるというものではありません。



2013年末においてAKA-博田法の技術を習得したと認定されている医師は、日本全国において40名程度と非常に少ないのが残念なところです。



AKA-博田法 / 軽部式・慢性腰痛改善の3システム / ロングブレスと腰痛 / 中川式腰痛治療法 / 腰痛克服バイブル / 腰痛解体新書 / 腰痛解放戦線

スポンサードリンク



松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム
腰痛改善ストレッチ「福辻式」(代引き)
【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。