スポンサードリンク

ビタミンB12

ビタミンB12が腰痛を改善する効果があるとされています。ビタミンB12は、神経細胞における脂質膜の合成に必要であることから、末梢神経の損傷の回復に働くことがいわれています。このため腰痛や肩こり、不眠症の症状改善に効果があるとされています。



ビタミンB12は、ビタミンB群のひとつですが、ビタミンB1とは異なり、数字の12は、見つかった順番とは異なるようです。コバラミン(cobalamin)とも呼ばれ、水溶性の赤色又はピンク色を呈するため「赤いビタミン」とも呼ばれています。



ビタミンB12は、植物にはまったく含まれていないビタミンです。したがって、菜食主義者の場合不足が心配されます。また、胃内で胃酸やペプシンによって遊離状態となることで吸収されます。したがって、高齢者など、胃酸分泌の低い人や、胃切除者、そして、小腸における吸収不全が心配される人でも、欠乏が懸念されます。



ビタミンB12は、葉酸と協力して赤血球の生成に補酵素として働きます。核酸(DNA)の合成を促進して細胞を増殖させたり、正常な赤血球をつくったりします。したがって、ビタミンB12が不足すると赤血球の形成・再生に支障をきたし、巨赤芽球性貧血を引きおこします。



巨赤芽球性貧血は、悪性貧血です。赤血球中に含まれるヘモグロビンが増えて赤芽球が大きくなり、通常より赤血球の寿命が短くなるために貧血傾向になる症状です。悪性貧血の症状は、頭痛、めまい、吐き気、動悸、息切れ、食欲不振などがあります。



ビタミンB12や葉酸には、ホモシステインを下げる働きがあるようです。ホモシステインは、アミノ酸の代謝過程で発生する物質で、ホモシステインの血液中濃度が高まると、動脈硬化を引き起こすことがいわれています。



ビタミンB12は、メラトニンの分泌を調節する働きがあります。メラトニンは、脳から分泌されているホルモンのひとつで、太陽光を浴びる量で増減することが知られています。ビタミンB12のメラトニンの分泌作用により睡眠と覚醒のサイクルを整え、不眠症を緩和するとされています。



ビタミンB12は、神経の安定や、集中力の向上に効果があるとされています。それは、神経細胞の中にあるDNAの主成分である核酸やタンパク質、脂質の合成や修復を行う作用が期待されていることによるようです。



ビタミンB12の核酸の生合成に深く関与している働きにより、すべての細胞の健康を維持し、成長するには、ビタミンB12は、必要不可欠な栄養素といえます。



ビタミンB12は赤血球をつくるために造血には必要な栄養素であり、したがって月経時には不可欠な成分であり、また、精神安定の働きもあることから、月経時特有のイライラを和らげてくれることがいわれています。



ビタミンB12は、水溶性のビタミンなのですが、例外的に熱には強いビタミンです。これを多く含むものとしては、はまぐり、うに、チーズ、ビール、シジミ、ウズラの卵、すじこ、牛・豚・トリのレバー、ミドリムシなどがあります。一日に必要な量は、0.002mg、シジミ4個に相当します。水溶性ですから過剰にとっても心配はないようです。



ビタミンB12は、他のビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビオチン、葉酸)と一緒に摂取することで、互いに協力しながら体内で働いてくれますから、どれか一つの栄養素を摂取するのではなく、すべてをバランスよく摂取する必要があります。



ところで、大量のビタミンCと同時に摂取すると、ビタミンB12が分解されることがあるので、ビタミンCサプリメントとは1時間以上あけて摂取した方が良いようです。

ビタミンB12 最新一覧 By 楽天



ビタミンB1 / ビタミンB6 / ビタミンB12

スポンサードリンク



松井薫式腰痛改善ストレッチプログラム
腰痛改善ストレッチ「福辻式」(代引き)
【上田式】腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。